どこを重視すればいい?建物ごとに見る火災保険の選び方

一戸建てに住んでいる場合

火災保険を選ぶときには、建物によって見るポイントが変わってくるんです。一戸建てに住んでいる場合には建物だけでなく、家財を補償対象に加えておくのが大切になってきますね。補償対象が建物のみだと、家具や衣類などの生活用品がまったく補償されないからなんです。補償対象に家財を加えておけば、万が一のときでも安心できるでしょう。落雷や盗難など、保険会社によってさまざまな補償対象があるので、ぜひチェックしてみてください。

分譲マンションに住んでいる場合

分譲マンションに住んでいる場合には、建物の専有部分と共用部分について知っておく必要があるんです。私たちが暮らしている部屋の中は専有部分、廊下やエレベーターなどは共用部分となりますね。共用部分については、マンションの管理会社が火災保険に入っている場合が多いんですよ。専有部分は管理外となるので、自分たちで火災保険を検討するようにしましょう。まずは何社か保険会社で見積もりを取り、内容を比べてみてください。

賃貸物件に住んでいる場合

賃貸物件に住んでいる場合には、建物を管理している不動産会社が重要なポイントになってくるんですね。賃貸物件では、不動産会社が指定する保険会社の火災保険にしか加入できない、というケースがほとんどだからなんです。自分で保険会社を選べるという賃貸物件は、ごく一部になっています。賃貸物件を対象とした火災保険は保険料の違いも少ないので、もし保険会社が選べるという場合には、不動産会社の人にお任せするのも良い方法ですよ。

長期契約が当たり前の火災保険にあって、短期契約を謳う新しいタイプの商品が近年増えています。アパートなどに住む、学生や単身赴任者などが主な顧客です。