父親の突然の死で分配をどのように考えるか

父親が亡くなったときの相続の分配について

両親と3人の子どもがおり、突然父親が死亡しました。このようなケースはあることですが、この時に母親と子ども3人が相続人となった場合の法定相続分に決まりがあります。母が二分の一、子ども一人の法定相続分は二分の一掛ける三分の一で、六分の一となります。ただし、母と子ども3人の相続人間の協議によって、母二分の一、子ども六分の一と分けなくてもよいのです。例えば、母はゼロ、子どもがそれぞれ三分の一にしても、かまいません。

母親が相続放棄をするのは愚かなこと

父親が死亡した時に、母親が不動産や金銭も相続放棄をして、すべてを子ども達に分配するのは愚かなことです。子どもに引き取られて余生を送るとしても、病気になったり、痴呆症になれば、誰がお金を出すのか、誰が面倒をみてくれるのかとなります。また、相続税のことを考えても、父親の財産をいきなり子どもたちに相続させた時の相続税より、一部は配属者である母親が相続し、母親が死亡した際に相続税を支払う方が、少なくても節税になるのです。

相続税が払えないとき

相続した財産のうち、現金や預金が多くあれば、相続税の支払いにも事欠くことはありません。申告期限内に申告書を提出し、すみやかに相続税を納付することができます。しかし、不動産などの相続財産が多く、手元に現金の余裕がなければ納付ができなくなります。このような場合は、延納申請をすることができます。これが認められるのは、延納しようとする人の税額が10万円を超えていることです。延納したい場合は。相続税の申告期限までに、延納申請書を提出しなければなりません。

相続税相談の手続きを取るために、各地の優秀な税理士が揃っている事務所の最新の取り組みに注目をすることがポイントです。