司法書士になりたい?!司法試験に受かるためのポイント3選!

あらゆる情報に手をつけすぎない?!

司法試験の範囲はとても広いのです。参考書や問題集もたくさん販売されています。すべてを知らなければと思い、購入したくなりますよね。しかし、たくさんの参考書や問題集を購入するのはやめましょう。たくさんの知識を詰め込みすぎてしまうと、知識はあやふやになってしまいます。大切なのは重要基本事項なのです。基本だけをしっかりと学んだ後は、たくさんの情報を得るのではなく、過去問題集などを徹底的に解くと良いですね。

繰り返し解くべき?!

幼い頃に九九を覚える時に、何度も繰り返し唱えることで覚えた人が多いでしょう。司法試験の問題も同じなのです。一度解いただけでは知識や解き方が身についていない箇所があるでしょう。何度も何度も解くことでしっかりと知識を身につけることができます。また試験まで短い期間しかない場合もありますよね。焦ってたくさんの問題を解くよりも、繰り返し同じ過去問題集などを解くことで、長期間勉強した時と同じほどの知識を取得できるでしょう。

最後まで諦めないことが大切?!

司法試験の合格率はとても低く、とても難しい試験なのです。一発で合格できる人の方が少ないと言っても過言ではないでしょう。そのため、一度落ちただけで諦めないことが大切です。何度も受けている人は沢山いるでしょう。一度落ちてしまったら、また勉強できる時間が増えたんだと前向きに考え、次の試験に備えるようにしましょう。また、勉強をしているうちに模試などの試験が悪い時もありますよね。しかし、諦めずに絶対に合格してやるんだという強い信念を持ち続けて努力しましょう。

司法書士の試験は年に1回のみ行われる国家試験です。1次試験の筆記試験と2次試験の口述試験の2つの試験が行われています。