しっかり覚えておこう!信用取引独自の用語3選

期間に応じてかかる『金利』

信用取引は現物取引とは違う独自の仕組みを持った株取引の手法です。そのため、信用取引だけでしか使わない独自の用語がいくつかあります。まずコスト面で覚えておかなければならない用語は『金利』です。信用取引では資金や株を証券会社などから借用するため、その借用期間に応じて日割りで金利がかかります。株価が動かない状況でも、金利だけで損失を生み出してしまう可能性もあるため、信用取引では可能な限り短期的な取引を行うよう心がけましょう。

信用取引の原資となる『委託証拠金』

現物取引を行うための原資は単なる資金ですが、信用取引を行うための原資は『委託証拠金』と呼ばれます。信用取引では、借用する資金や株にかかる全ての資金を投資家が手出しすることはありません。投資家に取引で出た損失を埋め合わせるための資本力があれば、証券会社などから有価物を借りることができるようになっています。その資本力として示すのが委託証拠金なのです。信用取引で借りることができる有価物の価額は、委託証拠金の額から算出して決められます。

信用取引の醍醐味と言えば『空売り』

信用取引にはいくつかのメリットがありますが、その中で投資家が真っ先に挙げるのが『空売り』です。信用取引では、証券取引所や証券会社から委託証拠金の額に応じて株そのものを借りることができます。その株を売ることで株取引を始めるのが空売りです。空売りでは、まず高値で借りた株を売り、それを安値で買い戻して返済すれば、その差額分が投資家の利益となります。つまり、株価の下落局面こそが空売りの絶好の機会だと言えます。買いだけではなく売りでも利益が出せるようになるため、空売りは信用取引の魅力の源泉の一つとして認識されています。

信用取引とは簡単に言えば自分を信用して貰い証券会社から資金を借りて株を買う、また株を前借りしてその株を売る事です。自己資金の2、3倍での取引が可能で大きな利益を得ることが可能となります。